Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

1秒あたり50,000本以上の映画のダウンロード:日本の319Tbpsインターネット速度の意味| 世界のニュース

日本の情報通信研究機構は、世界最速のインターネット速度である319テラバイト/秒という新世界記録を樹立したと言われています。 これは、ユニバーシティカレッジロンドンの研究者が保持している世界最速のインターネット速度に関する最近の記録のほぼ2倍です。 速度は毎秒178テラバイトでした。

毎秒319テラバイトとはどういう意味ですか?

1.完全なTbps形式は、テラビット/秒です。 1テラバイトは1000GBを意味します。 1ギガバイトは1024メガバイトです。

2. 2020年のレポートによると、韓国で最高のモバイルブロードバンド速度が記録されました。これは約100 Mbps(Mbps)でした。

3.同じレポートによると、シンガポールの固定回線ブロードバンド速度は2015Mbpsが最も高かった。

4.レポートによると、香港の平均インターネット速度は210.73 Mbpsでしたが、ルーマニアの平均速度は194.47Mbpsでした。

5. 2020年のレポートによると、インドのダウンロード速度は、固定ブロードバンドの場合は38.19 Mbps、モバイルブロードバンドの場合は12.16Mbpsでした。

6.レポートによると、インターネット速度が最速の最新記録である178テラバイト/秒で、Netflix全体をわずか1秒でダウンロードできます。 その速度のほぼ2倍では、毎秒319テラバイトのNetflix全体では不十分です。

6.いくつかのレポートによると、毎秒319 TBは、1秒で57,000本のフルレングスの映画、または3秒未満でSpotifyライブラリ全体をダウンロードできることを意味します。

7. NASAシステムは、毎秒400ギガビットの速度で動作します。

READ  Netflixがオンラインストアを立ち上げ、ストレンジャー・シングス、ウィッチャーをはじめとする番組商品を販売します