Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

2年間の損失の後、日本の航空会社はANAOutlookがついに改善したと言います

2014年2月14日、東京の羽田空港に駐機している全日本空輸(ANA)の飛行機の近くで男性が働いています。 ロイター/篠優也

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

東京、4月28日(ロイター)-日本の航空会社ANAホールディングス(9202D)は本日、国内需要を取り戻し、2年間の流行による損失からの回復に関する海外渡航禁止令を緩和することで年間利益を予測しています。

同社は木曜日に1,731億円(13億ドル)の営業損失を計上したが、4月1日からの1年間で500億円の利益を計上する予定である。

日本最大の航空会社は、国内旅行の増加、好調な貨物販売、国際輸送ポイントの開発に有利な条件を備えており、引き続き運用コストの削減に注力しています。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

3月末に、日本は国内のすべてのエピデミック対策を解除しました。 ANAの最高経営責任者である柴田浩二氏は記者団に対し、これにより、今年度の平均でエピデミック前の水準の最大80%の国内航空需要の予測回復への道が開かれたと語った。

「ゴールデンウィーク」と呼ばれる来週の祝日にフライトを予約する乗客の数は、1年前の2倍以上になると彼は付け加えた。

年間売上高は、過去最高の在庫実績により40%増の1.02兆円となり、今期はさらに63%増を見込んでいます。

国際市場では、ANAとライバルの日本航空(JAL)(9201.T)は、日本の長い国境管理とウクライナでの戦争による燃料費の悪化について不確実性に直面しています。

岸田文雄首相は、外国人観光客に国境を開放することを繰り返し拒否し、学生とビジネス旅行者だけがエピデミックに関連する障壁を取り除きました。

国際需要は4月と5月のエピデミック前のレベルのわずか30%であり、柴田は2024年3月までに完全に回復すると予測しています。

彼は日本政府に1日あたり10,000人の訪問者の制限を引き上げて外国人観光客を受け入れるように頼んだ。

アナリストらによると、円安と20年ぶりの安値を利用できない観光禁止は、まだ国民の怒りを呼んでおらず、7月の選挙後まで解除されない可能性がある。

($ 1 = 130.5300円)

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

スキヤマサトシによるレポート、ジェイミー・フライドによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  ロンドンで開催されたLostinJapan National SongContestで$ 20,000の賞を受賞