Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

2011 年の津波で妻を亡くした夫は、今も日本で妻を探してダイビングを続けています。

高松康夫は、2011 年の日本の津波で妻のユウコを亡くしましたが、11 年後、彼女を探しに毎週ダイビングに出かけます。

高松さんは2013年、国内で最悪の被害を受けた地域の1つである女川で行方不明になった妻の遺体を見つけるために必死になってスキューバダイビングを行った.

2011 年 3 月 11 日に発生した日本の東海岸沖の海底地震により、壊滅的な東北津波が発生し、50 万軒近くの家屋が破壊され、2 万人近くが死亡しました。

愛する夫は陸と海で探し続けると言った [his body] 移動します。

これまでに津波で 2,500 人以上が行方不明になっています。

2021年、宮城県女川で高松氏がAP通信に語る。

津波が襲ったとき、高松祐子さんは最初の地震のがれきを片付けていました

津波が襲ったとき、高松祐子さんは最初の地震のがれきを片付けていました

北日本でダイビングのレッスンを受ける準備をする高松保夫さん(64)。

2014年、日本北部の竹ノ浦湾でダイビングのレッスンを受ける準備をする高松康夫

高松さんは2013年にダイビングを始めた後、行方不明の妻を探し始めた

高松さんは2013年にダイビングを始めた後、行方不明の妻を探し始めた

高松さんは妻が銀行の駐車場で働いてから数か月後、駐車場で妻の電話を取り戻したが、それ以来どこにも見つからなかった.

彼は、妻を探すことなく生き残るという考えは「気のめいる」ことだと述べました。

陸上で 2 年半の捜索を行った後、56 歳の彼は 2013 年 9 月にダイビングのレッスンを受け始めました。

津波が本土を襲ったとき、高松さんの奥さんは仕事中でした。

津波が襲ったとき、ヨク・タカマツは最初の地震による破壊からがれきを片付けていました。

優子さんが夫に送った最後のメールは「大丈夫? 家に帰らなければ。’

数か月後、彼女の電話は未配信のメッセージとともに回収されました。「津波が荒廃を引き起こしています」。

津波の後、妻の電話を見つけた高松さんは今でも毎週ダイビングをしている

津波の後、妻の電話を見つけた高松さんは今でも毎週ダイビングをしている

現在 65 歳の高松さんは、2013 年にダイビングのライセンスを取得し、毎週検索しています。

現在 65 歳の高松さんは、2013 年にダイビングのライセンスを取得し、毎週検索しています。

2011 年 3 月 11 日、津波が福島県の南相馬海岸を襲った。

2011 年 3 月 11 日、津波が福島県の南相馬海岸を襲った。

バスの運転手であるタカマツさんは、これまでダイバーになったことはなかったと語った。

「彼女を見つけられたらいいのにと思いますが、海が大きすぎるので、彼女が見つからないかもしれないと感じています.しかし、私は探し続けなければなりません.」

潜るたびに、高松さんはスキューバダイビングのタンクを背中に固定し、ゴム製のドライスーツを着て、ダイビングインストラクターの高橋正義さんの助けを借りて凍てつく海に足を踏み入れました。

行方不明の津波犠牲者を探すボランティアを率いる高橋さんは、高松さんが妻を見つける手助けをすることが重要だと感じたと語った。

高松裕子が最後に目撃された場所の近く、日本の女川の北にある僻地

高松裕子が最後に目撃された場所の近く、日本の女川の北にある僻地

地震、津波、福島のメルトダウンの間に、138,000 棟の建物が破壊されました。

地震、津波、福島のメルトダウンの間に、138,000 棟の建物が破壊されました。

2011年、未曾有の東日本大震災と津波に見舞われた

2011年、未曾有の東日本大震災と津波に見舞われた

当時、義母と一緒に隣町の病院に入院していた高松さんは、建物、漁船、車が積み重なった荒廃した街に戻ることを許されませんでした。

しかし、翌日に制限が解除されたとき、 ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​ ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​ ダウンで。

そこで彼は、妻を含む銀行員が殴打されたことを知りました。

「膝が震えるのを感じた。 体に何も感じない」と語った。

マグニチュード 9.1 の災害は、日本を襲った最悪のものであり、人類史上 4 番目にひどいものでした。

READ  日本とアフリカの指導者、ロシアと中国が提起する課題について話し合う