Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

2020年7月28日東京オリンピックのニュースと結果

韓国のキム・シウは、7月29日に川越で行われたゴルフ大会でファンが吹きかけた霧を通り過ぎた。 トビー・メルビル/ロイター

東京はオリンピックの最初の高温多湿の週を経験していますが、夏の真っ只中の日本の首都にとって高温は見知らぬ人ではありません。

東京の7月下旬の平均最高気温は31°C(88°F)です。 過去5日間で、最高気温は摂氏29.8〜34.4度(華氏86〜94度)の範囲でした。これは、通常の高温を平均して摂氏1.5度(華氏2.7度)上回っています。

熱は通常の高湿度の2倍になります。 湿度値は66%から84%の範囲であり、これにより大気が高温になり、発汗と蒸発によって体が冷える能力が制限されます。

東京は公式には猛暑ではありませんが、暑い天候はオリンピック選手、特にテニスに影響を及ぼします。 水曜日に、主催者は試合を延期していると言ったので、彼らはその日の後半に開始します。

これは、スペインのポーラパドゥーサが女子シングルスの準々決勝の試合から撤退することを余儀なくされ、車椅子でフィールドを離れた後に起こりました。 水曜日の日射病のため。 一方、ロシアオリンピック委員会のダニール・メドベージェフは大統領審判に、男子シングルスの第3ラウンドの試合を終えることができると語ったが、国際テニス連盟が引き継ぐかどうかを知りたがっていた。 彼が死んだ場合の責任

アスリートが来週期待できること: 東京の天気予報は同じではありません。気温は今後7日間で30°C(86から92F)まで下がり続け、週末には33から34°C(92から93F)に達する可能性があります。 気象庁によると、現在、首都圏では熱警報は出ていない。

READ  20代の男性が京都の自宅でCOVID-19により、基礎疾患なしに死亡