Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

2022年のペストサミットに向けて、日本に注目が集まる

編集者注: 国際的な害虫管理コミュニティは、忙しい 3 日間にわたって再び集まる機会がありましたが、今回の会場は日本でした。 Pest Summit 2022 は、アジア・オセアニア害虫管理者協会連合会 (FAOPMA) が主催し、11 月 8 日から 11 日まで京都国際会議場で開催されました。 英国を拠点とするジャーナリスト、フランシス・マッキムが出席し、次のように報告しました。

一部の参加者は長い距離を移動し、日本からの厳しい入場要件が課せられたにもかかわらず、イベントは売り切れでした。 800 人以上の代表者が出席し、そのうち 350 人は日本国外から、30 か国以上を代表していました。 京都に行けない方のために、イベントも開催されました。

代表団は、日本害虫防除協会の会長であり、イベントの主催者である山口健二郎氏によって歓迎されました。 このイベントの重要性を示すものとして、第 99 代首相である菅義偉元首相によって公式に発足されました。

シュガ氏は、業界がCOVIDパンデミック中に大きな貢献をしたこと、および害虫駆除が今や公式の職業になっていることを祝福しました. 「Covidは世界的な問題であるため、このような国際的なイベントで知識と経験を共有することは良いことです.

次の 2 日間で、40 を超えるトピックや技術に関するプレゼンテーションが行われました。 スティーブン・ドゲットが議長を務めるセッション全体が、気候変動のリスクと、害虫駆除組織が積極的に取り組む上で果たすことができる役割に専念しました。

米国は十分に代表されています

米国からの講演者は、バージニア工科大学の Denny Miller 博士からのプレゼンテーションによって代表されました。 チョウ・ヤン・リー博士 カリフォルニア大学リバーサイド校の Ph.D.、およびフロリダ大学の Faith Oye 博士と、カリフォルニア大学リバーサイド校の Michael Rust 博士およびインディアナ州リッチモンドの RMC Pest Management Consulting の Bobby Corrigan 博士による仮想プレゼンテーション。

さらに、BASF、Syngenta、PestWest などの多くの国際企業と、この地域でデビューする Envu を含む 38 パビリオンの展示会がありました。 当然のことながら、地元の代理店企業が、地元の専門製品開発者および製造業者の印象的なグループとともに代表されました。

イベントを総括して、全米害虫管理協会の最高経営責任者(CEO)であり、世界害虫管理同盟の財務担当者兼事務局長であるドミニク・スタンフ氏は、次のように述べています。日本の京都で開催された FAOPMA 害虫サミットで. .

「日本害虫駆除協会の温かいもてなしと歓迎のおかげで、この会議は私にとって素晴らしい経験になりました。他の多くの人にとっても同様だと思います。私たちはつながりを作り、害虫駆除のための世界同盟の仕事への情熱を再燃させる時間を持ちました。来年、ハワイで開催される PestWorld 2023 で、多くの新旧の友人を歓迎することを楽しみにしています。」

予想通り、参加者は時間を見つけて京都の史跡を探索し、ガラ ディナーで伝統的な日本のエンターテイメントの味を体験しました。

来年の FAOPMA イベントは台湾の高雄で開催されます。

READ  噂:スクウェア・エニックスの購入に関心があるとの報告がいくつかあります