Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

2023年に100億円を突破したアニメ映画は3本のみ

2023年に100億円を突破したアニメ映画は3本のみ

日本映画製作者協会によると、2023年の日本の興行収入は前年比3.9%増の221兆4,820億円(14億8,000万ドル)に達した。

この数字は、同等の数字が記録され始めた2000年以降で5番目に高い数字であると彼女は述べた。 組織は 4 つの主要なスタジオで構成されます。

2023年に日本で上映された映画を観に行った人の延べ人数は約1億5,553万人となり、前年比2.3%増加した。

最も興行収入を上げたのは2022年12月公開の『初代スラムダンク』で興行収入158億7000万円だった。 2022年公開の『ワンピース フィルム レッド』が同年1位を獲得するなど、東映配給のアニメ映画は2年連続で首位を維持した。

昨年、100億円の大台を超えたアニメ映画はわずか3本だった。

他の2作品「劇場版スーパーマリオブラザーズ」(140.2億円)、「名探偵コナン 黒鉄の潜水艦」(138.8億円)とともに、アニメが初めて独占した。

2023年の日本公開映画数は1,232本となり、前年より89本増加した。

これはパンデミック前の2019年に次いで2番目に高い数字だ。

2023年の興行収入ランキング

日本映画

1.「ファーストノックアウト」(158.7億円)

2.『名探偵コナン 黒鉄の潜水艦』(138.8億円)

3.『少年とサギ』(88.4億円)

4.『キングダム 運命の炎』(56億円)

5.『ゴジラ マイナスワン』(55.9億円)

外国映画

1.『スーパーマリオブラザーズ ムービー』(140.2億円)

2.『ミッション:インポッシブル 推測航法 パート1』(54.3億円)

3.『アバター:ウォーターロード』(43.1億円)

4. FastX(38.3億円)

5.『リトル・マーメイド』(34億円)

(出典:日本映画製作者協会)

READ  WWE Rawの結果、要約、反応(2021年4月12日):始めたばかり