Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

2023 年の日本の最も重要なニュース / 新型コロナウイルス感染症パンデミック終息後の日本に喜びをもたらすスポーツイベント

2023 年の日本の最も重要なニュース / 新型コロナウイルス感染症パンデミック終息後の日本に喜びをもたらすスポーツイベント

長くて壊滅的な新型コロナウイルス感染症のパンデミックがついに終わりました。 溜まったエネルギーがはじけるかのように、アスリートをはじめとするさまざまな分野の人々がその実力を披露しました。

野球日本代表「侍ジャパン」の活躍が、読売新聞読者が選ぶ「今年の日本のニューストップ10」のトップに輝いた。 チームは14年ぶりにワールド・ベースボール・クラシックで優勝し、国中が歓喜の祭典に包まれた。

また、2位には米大リーグで本塁打王となった大谷翔平選手がランクインし、5位には阪神タイガースが38年ぶりの日本一を獲得するなど球界からも話題を集めた。リストのトップにある世界。 。

タイガースの若い選手たちが意地を見せ、「ARE」というスローガン(タイガースの監督・岡田明信がチームの優勝を指す言葉)が観衆の間で流行語になった。

将棋界でも若きスターが快挙を達成した。 現王者・藤井聡太竜王が棋士として初めて8大タイトルすべてを獲得した4位のニュースに胸を躍らせた人も多かっただろう。

3年前の新型コロナウイルス感染症対策は大きな転換点を迎えている。 7位では、感染症法におけるコロナの分類が季節性インフルエンザを含む5類に引き下げられた。 社会・経済活動の制限が緩和され、観光地も再び活気を取り戻し始めた。

明るい兆しはあるものの、今年は卑劣な犯罪に対する抗議活動が拡大していることも特徴だ。 強盗を実行するためにソーシャルメディアを通じて募集された、パートタイムの「闇」の仕事に就いている人々が関与する事件が全国で多数発生している。 指示した「ロフィ」という男を含む暴力団幹部らの逮捕は6位となった。

若者が多額の報酬に誘惑されて凶悪な犯罪を犯すことは非常に危険です。 このような軽率な行為が非難されるのは当然ですが、これらの事件は若年層の貧困問題など社会の歪みを反映しているとも指摘されています。

3位にはジャニーズ事務所が入社したニュースがランクインした。 芸能事務所創設者のジャニー喜多川氏による男性アーティストへの性的暴行を謝罪し、多くの人に衝撃を与えた。 同社は制度を刷新し、被害者の救済に努めている。

この状況を、性暴力やセクハラは許されないという認識を社会全体で共有する機会として捉えなければなりません。

企業不祥事事件が相次いだ。 中古車販売会社ビッグモーターによる保険金の不正請求は8位で、ダイハツ工業は今月、衝突試験の不適切な実施が判明し、全車種の出荷を停止した。

年末にかけて、自民党各派閥が政党の寄付金を集めるためにチケット販売などを利用して裏金を捻出した疑惑が浮上し、東京地検特捜部が捜査を進めている。 政治と金の問題に対する国民の不信感は依然として強い。 正確なイメージを明確にすることが不可欠です。

(読売新聞 2023年12月25日より)

READ  アンディ・マリーがトップシードのシンナーを気絶させ、ストックホルムオープン準々決勝に進出| 英国のアンディマリー