Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

4カ月ぶりに日本の景況感悪化

木曜日に行われた民間セクターの調査によると、日本の企業心理は5月に4か月ぶりに低下した。

ディエゴ・データバンク・リミテッドの調査によると、政府による3度目のCOVID-19緊急事態を反映して、ビジネスセンチメント・スプレッド指数は4月から0.8ポイント低下して37.5となった。

調査対象の 10 職種のうち 8 職種で、気分が悪くなった。

小売部門では、一時停止中の営業や営業時間を減らして人々の外出を避けたため、指数は1.6ポイント低下して33.1となった。

サービス業指数は 0.4 ポイント低下して 37.5 となり、レストラン産業とホテル指数はそれぞれ 1.9 ポイントと 3.0 ポイント低下した。

10 地域すべてで景況感が低い。 北海道は1.7ポイント下がって34.5ポイント、本州西部の数独地域は1.8ポイント下がって36ポイント、沖縄県を含む九州地方は2ポイント下がって37.5ポイントとなった。

緊急事態が解除され、経済活動が通常に戻るにつれて、センチメントは「徐々に上昇する」と、ディエゴのデータベース当局者は述べた。

一方、みずほ証券の小林俊輔チーフエコノミストは、政府がビジョンを持たずに度重なる緊急事態宣言を発令したことで、「企業が事業を行うのを難しくしている」と述べた。

「政府は秋のコロナウイルス感染に対する方針を明確にし、企業への対策を支援すべきです」と彼は述べた。

5 月 18 日から 31 日にかけて実施されたオンライン調査では、11,242 社から正解が得られました。

誤報と過剰情報の両方で、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクライブすることで、ストーリーを正しく伝えることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックで拡大)

READ  JALがジェットスタージャパン、春の日本投資で低価格戦略を強化| ニュース