Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

7月末までにすべての成人が予防接種を受けた場合、日本は4番目のウイルス発生に直面します:分析



京都大学西浦博教授(ミニチ/キム・サン)

東京-日本の疫学者の分析によると、政府19の感染症は7月末までに日本のすべての緊急事態を襲うと予想されています。

京都大学の理論疫学教授である西浦博氏は、6月9日に厚生労働省の諮問委員会に分析を提出した。

分析によると、コロナウイルスの発生は、6月20日に現在の非常事態が解除された後、東京で発生した第4波の流行中に大阪州を襲ったものと同じレベルであると推定されています。 次に、高齢者へのコロナウイルスワクチン接種が7月末までに完了したという事実に基づいて、急性COVID-19症例の潜在的な発生パターンと病床の将来の需要を評価します。

モデルによると、予防接種プログラムが進むにつれて、コロナウイルスの発生レベルは高齢者の間でのみ減少し、0歳から59歳までの感染率に大きな影響はありません。 重度のGovt-19症状のある患者は主に中年であり、病床率が同じままである場合、感染数は以前のレベルの5倍になります。 これは、中年の方が高齢者よりも重篤な症状を示さない患者の割合が高いためです。

西浦教授は、「深刻なCOVID-19の症例数だけに焦点を当てて対策を講じると、感染率が高まり、2ヶ月以上の緊急事態が必要になる」と述べた。

インドで最初に発見されたL452Rコロナウイルス変異体に関して、西浦はその感染が従来の株より1.78倍高いと推定しました。 彼は、日本のコロナウイルス症例の50%以上が7月中旬のその変動によるものであると予測しています。

6月9日の会議で、保健省諮問委員会は、東京の歩行者交通を念頭に置いて、最新の流行状況の分析を発表しました。 「感染数の減少率が低下している地域がいくつかあり、症例数が再び増加する可能性があることを示している」と理事会は述べた。

保健省によると、先週、87人が新たにL452Rに感染し、前週から34人増加しました。

(日本のオリジナルのSun Kim、ライフスタイルおよび医療ニュース部門)

READ  経験に基づく優れた防災技術