Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

83歳で、日本人は太平洋を一人で航海するのに最も古いです

83歳の日本人冒険家は、太平洋を横断するノンストップの単独航海を無事に終えた後、土曜日に帰国し、マイルストーンに到達するための最年長の人物になりました。

堀江謙一は、西海岸沖の紀伊海峡に到着し、3月にサンフランシスコのヨット港を出港してから69日で太平洋を渡る航海を終えました。

これは、1962年に日本からサンフランシスコへの太平洋を横断する単独の直行便を成功裏に完了した世界で最初の人物となった八十代の冒険家の最新の成果でした。

60年後、彼は反対の道を旅しました。

「フィニッシュラインを越えたばかりだ。疲れた」と彼は土曜日の早い時間に日本に到着した後、彼のブログに書いた。 彼の帆船であるサントリーマーメイドIIIは、夕方に新西宮ヨットハーバーの母港に到着する予定で、日の出後に到着する予定だったと彼は語った。 地元メディアは、歓迎式典が日曜日に開催されると述べた。

彼の業績は、強大な潮流を後退させることに対する3日間の闘いの後にもたらされました。 彼は金曜日に彼のブログに成功したが、彼のヨットがフィニッシュラインに向かっていると安心した後、疲れて昼寝をしたと書いた。

スポンサーによると、ホリが日本に帰国したことで、彼は世界で最も年長の太平洋のノンストップ航海を完了することができました。 堀江は、1974年に世界一周を行うなど、他にも多くの長距離の単独遠足を行いました。彼の最後の遠征は、ハワイからキー海峡への動力付きボートでの2008年のノンストップ単独旅行以来の最初の遠征でした。

(このストーリーはDevdiscourseスタッフによって編集されておらず、共有フィードから自動的に生成されます。)

READ  陸軍が韓国、日本で主要なロジスティック自動化システムの移行を完了| 記事