Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

AFCアジアカップ2023:ジャハンバクシュの終盤のPKでイランが日本を2-1で破り、アジアカップ準決勝に進出した。

AFCアジアカップ2023:ジャハンバクシュの終盤のPKでイランが日本を2-1で破り、アジアカップ準決勝に進出した。

土曜日、アリレザ・ジャハンバクシュの土壇場のPKでイランが日本を2-1で破り、2004年以来2度目となるアジアカップ準決勝進出を果たした。

イランは次に開催国のカタールと対戦するが、カタールは準々決勝で延長戦の末に1対1の膠着状態となった後、PK戦でウズベキスタンを3対2で破った。

ジャハンバフシュは後半6分にも冷静さを保ち、イランに1976年以来のタイトルと総合4位を獲得した。 板倉滉がファウルの笛を吹かれ、ジャハンバクシュがゴールキーパー鈴木詩音にチャンスを与えなかった。

イランのアミール・カレノイ監督は「イランは誇りに思うべきだ」と語った。 「選手たちは全力を尽くした。この結果はイランサッカーにとってターニングポイントになると思う」

エデュケーションシティスタジアムで行われた面白い準々決勝の前半で、森田英正が大会前の優勝候補だった日本を先制し、イランが逆転勝ちした。

続きを読む | 64年間続いたAFCアジアカップ干ばつに終止符を打ちたい韓国のために「息子」が台頭

55分にモハメド・モヘビが同点ゴールを決めた。

試合開始 13 分、ジャハンバフシュが左サイドからシュートを放ち、イランが攻撃を開始した。 その直後、サイード・エサドラヒ選手がゴールキーパー鈴木シオン選手に向けてストレートシュートを放った。

しかし、5度目のアジアカップ制覇を目指す日本は28分に先制した。 パスを集めた森田がホセイン・カナニをかわしてエリア内に飛び出し、シュートはソフトながらもシュートを打った。 ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​ ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​ ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

出場停止のスターストライカー、メフディ・タレミを欠いたイランは、ハーフタイムの6分前にブレントフォードのミッドフィールダー、ザマン・コドスのシュートが枠を外して同点に追いついた。

休憩から10分後、サルダール・アスムンがボールを滑り込ませてモヘビに渡すと、彼の最初のシュートがペナルティースポット近くのネットを襲った。

日本代表の森保一監督は「我々は多くの面で改善する必要がある」と語った。 「今大会の5試合すべてで失点は1でした。 無失点で抑えないと勝てません…彼らが我々の守備にかけるプレッシャーに我々は耐えられませんでした。

READ  デリバティブ・ハウス・オブ・ザ・イヤー、日本:クレディ・スイス