<新潟女児殺害>死体遺棄・損壊容疑で小林遼容疑者(23歳)を逮捕 

「黒い車」が犯人逮捕のきっかけに…

小林遼容疑者の関与が浮上したのは、黒い軽自動車が周辺の防犯カメラや事件前後に付近を走る車のドライブレコードなどに記録されていたという。

事件後、小林遼容疑者は自宅に戻っていなかったという。そのため、新潟県警が行方を捜したところ、小林遼容疑者の車が道の駅で見つかったため、14日朝、ついに任意同行に踏み切ったようだ。

小林遼容疑者の自宅は遺体遺棄現場や大桃珠生さんの自宅から約100㍍以内の場所にあり、以前から顔見知りだった可能性も浮上している。

小林遼容疑者は西区内にある地元の工業高校を卒業後、電気工事士関連の会社に就職。事件当日は勤務先の会社を休んでいたという。

(関連記事:【14年間沈黙を続けた殺人者】04年、広島の高2刺殺事件が解決へ

(関連記事:【民泊女性不明事件】猟奇殺人事件の舞台となった「民泊の闇」

(関連記事:【顔判明】11人を殺害、現代に甦った「中国版・切り裂きジャック」

(文◎四菱紘淳)