<日大悪質タックル問題>日大選手の会見全文を掲載①(5月3日・4日分)

宮川泰介選手を精神的に追い詰めた監督・コーチの罪は?

その後、全体のハドル(フィールド内での作戦会議)の中で監督から、「宮川なんかはやる気があるかないのか分からないので、そういう奴は試合に出さない。辞めていい」、井上コーチからは「お前が変わらない限り、練習にも試合にも出さない」と言われました。

【5月4日】

練習前に監督から「日本代表に行っちゃだめだよ」と、当時選抜されていた、今年6月に中国で開催される第3回アメリカンフットボール大学世界選手権大会の日本代表を辞退するように言われました。監督に理由を確認することはとてもできず、「分かりました」と答えました。

この日は今年度初めて、全体で行うディフェンスインディーの日でした。未経験の1年生がいたので、副キャプテンがタックルをして私が受ける形でメニューをやってみせるために私がダミーを持ちました。すると、コーチから「なぜ最初にダミーを持つんだ」と言われて、グラウンド10周走らされました。その日の実戦練習は、練習前に井上コーチに確認したところ、「宮川は出さない」と言われて外されました。

(以下、5月5日へ続く)

(関連記事:<日大悪質タックル問題>日大選手の会見全文を掲載②(5月5日分)

(関連記事:<日大悪質タックル問題>「潰せ」と指示…井上コーチも関与か)

(関連記事:<日大悪質タックル問題>全治3週間…被害選手の父親が会見)

(関連記事:【速報】<日大悪質タックル問題>反則行為の日大選手が会見へ)

(関連記事:<日大悪質タックル問題>関学大選手が被害届を提出、警察が捜査へ)

(文◎四菱紘淳)