【速報】放火事件で逃走中だった小倉泰裕容疑者の身柄を確保

逃走中は同僚に金銭を無心

小倉泰裕容疑者は、元妻の家の納屋に放火したとして、現住建造物等放火容疑で2月に逮捕され、3月2日から6月10日までの予定で、精神鑑定を受けるために愛知県名護親市守山区大森北にある東尾張病院に鑑定留置されていた。

しかし、22日午後9時過ぎ、小倉泰裕容疑者は東尾張病院の2階の個室から、換気用の窓を開けて逃走。窓が開けられた際にアラームが鳴り、病院の看護師らが小倉容疑者がいないことに気づき、病院側が警察に通報したという。しかし、小倉泰裕容疑者は建物の外にある雨どいに洋服を結び、ロープ状にしたものをくくりつけ地上に降りたようだった。

愛知県警は180人体制で小倉泰裕容疑者の身柄を追っていたが、23日早朝5時ごろに愛知県犬山市のコンビニエンスストアの防犯カメラに同容疑者の姿が確認され、元同僚に金銭を無心するなどの行動を取った後、行方が途絶えていた。

(関連記事:【受刑者逃走事件】平尾龍磨容疑者 自動車窃盗容疑で再逮捕

(関連記事:【顔写真公開】強盗で指名手配中の群馬県警〝逃走デカ〟その行方は?

(文◎RNO編集部)