<日大悪質タックル問題>内田前監督・井上コーチ会見(後半)全文①

頭をポンポンとやったことの意味合いは?

Q.井上コーチに、映像などで宮川選手が退場処分なったあとに、コーチらしき人物があのプレーの後に頭をポンポンとする場面があったのですが、あの人物は井上コーチだったのでしょうか?

【井上奨コーチ】

はい、私です。

Q.あの頭をポンポンされたというのは、どういう意味合いがあったのでしょうか?

【井上奨コーチ】

あのベンチに帰ってくる時に、あの意味というのは正直なくて、帰ってくる時に叩いてと。テンションがあれなので、テントの中に入っとけ、彼もすごい興奮してたのでテントの中に入っとけ、と。そこでショルダー抜いとけ、という話をそこでした覚えはあります。

Q.悪質なタックルは御覧になっていたんですよね。その後でああいう行為はおかしいのでは? その場所で厳しく注意をする行為をではなく、落ち着けと頭をポンポンとやったという意味合いのポンポンになったということなのでしょうか?

【井上奨コーチ】

頭をタッチした意味は、帰って来て話しかける時に頭を結構タッチするんですけど、ねぎらうとか本当にそんな意味はなかったんですが、はい。

Q.何か話しかけたんですか?

テントの中にちょっと入っとけと。ショルダーをまず抜いて集中してテントの中に入っとけと、言う言葉を掛けました。

宮川選手の会見は事前に知っていた