<日大悪質タックル問題>内田前監督・井上コーチ会見(後半)全文③

「相手に対する思いで涙を流しているのかと思いました」(井上コーチ)

Q.試合後に彼(宮川選手)が何か言った意味というのは、最初から話を聞いていると分かっていなかったのかなと思うのですが、分かっていなかったのですか?

【井上奨コーチ】

彼が泣いてて、彼の優しさ、相手に対する思いで、涙を流しているのかと僕はその時には思いました。で、僕は次に何とかこれを次に繋げたいという思いだけで、彼にその時は色々言うたんですけど、本当になんかプラスになってほしいなと、涙も含めて。それだけしか考えてなかったです。

Q.彼は今後アメフトをするつもりはないという言葉を、昨日の会見で述べました。いま彼に声を掛けるとすれば、どんな言葉になるのでしょうか?

【内田正人前監督】

それは我々が説得しないといけないことだと思うのですが、やはり戻って来てもらいたいというのが率直な僕の考えです。それで私たちの方が指導者として一緒にやりたくないということであれば、もう私もいませんので。ですけれども、彼は自分の将来もありますし、フットボール、選手としても、アメリカンフットボールでもっと活躍できると思うので、それは戻って来ていただきたいというのが正直な意見です。

Q.コーチもお願いします。

【井上奨コーチ】

あの、彼がまだ体が細くて本当にそういう時から、幼い時から成長を見て来ました。はい成長させたいという思いで僕は、フットボールを続けてほしい、その思いだけです。

「宮川君をリーダーとして育てたいというのが僕の考え」(内田前監督)