<日大悪質タックル問題>内田前監督・井上コーチ会見(後半)全文③

「宮川君をリーダーとして育てたいというのが僕の考え」(内田前監督)

Q.最後に一つ、お二人の長いアメフト人生の中で、あの試合はどんな試合になりましたか?

【内田正人前監督】

フィールドのスタートからゴール、タイムアップまで私の責任でありますので、その責任の中でまあ咄嗟に彼の責任を僕の責任ということで言ったのですが、守り切れなかったというのが正直な結果だと思います。そして、こういう結果になって、これはご批判を受けるのは当然の結果だと思います。

Q.どんな試合になったのかという質問なのですが? 長いアメリカンフットボール人生の中でご自身にとってどんな試合になりましたか?

【内田正人前監督】

どんな試合? やはり、あのフットボール、アメリカンフットボールの携わっている人たち、日本大学だけではなくて、大学、社会人、高校、中学、そういう人たちのフットボールの努力というか、そのフットボールを応援する人たちに対して非常にマイナスというか、そういうスポーツではないんですけど。そういう今の流れというか、そういうことに対して責任は感じております。

Q.コーチはどうでしょう?

【井上奨コーチ】

関西学院のQBの選手に対しても、宮川という選手に対しても、やっぱり、僕の本当に指導方法と言いますか、人間的な未熟さで、なってしまったと思ってまして。それで責任が大きい試合やな、と思ってますし。今となっては宮川自身に対してアプローチというものを、なんか違うんやったんかなと。やっぱりそういのを考えさせられました。

Q.宮川選手に成長させたいからハッパをかけた、厳しい言葉をかけたと、3年生として成長してほしいからだというような言葉を聞かれましたが、100人からの選手を抱えて、なぜ宮川選手だけに厳しい言葉をかけたのか? もし、平等に他の選手にも同じような言葉を掛けていたとすれば、なぜ宮川選手だけがあのようなプレーをしたのかお答えください。

【内田正人前監督】

私でよろしいでしょうか? まず全員に期待をするというのは、人数が多いですから非常に難しくて。では、そういう選手を誰がリードしていくのか、誰が押し上げるのか、下級生を引っ張って行くのか。そういうリーダーとしての人間は1人2人だと思います。それを宮川君に期待して、ディフェンスのポジションの選手、下級生のそういう子たちを教えたり話したり、リーダーとして育てたいというのが僕の考えでありました。

Q.そういう方針であることを言葉にして宮川選手に伝えましたか?

【内田正人前監督】

僕は本人には言いません。だいたい流れでプレーを見て、そういう選手は全体の中で目立ってくるもんで。

Q.そうではなく、「リーダーになるために宮川君に期待している」と伝えましたかということです。練習から外したり、試合から出さないぞと言ったりしていましたよね?

【内田正人前監督】

言っていません。

「彼が試合に本気になるという流れを僕の中で描いていた」(井上コーチ)