<日大悪質タックル問題>大塚学長「お詫び」「お願い」会見全文③

「任せてしまった私にも責任がある」

Q.昨日は父母会の会見があり、明日は関西学院大学の会見が行われる予定ですが、どうして今日、このタイミングで緊急記者会見を開こうと思われたのでしょうか?

【大塚吉兵衛学長】

夜になってから父母会というものが通知されておりませんでしたので、ニュースで知ったような状況で、正直申しまして。それで、こういうことが行われているということであれば、これはこういう会見、あるいはホームページの掲示、このようなことをまずこちらとしてもすべきではないかということで、急遽この会見というのは、私としては考えたということでございます。

ホームページの作成というのは考えておりました。私から、いわゆるこの事案の内容についてのコメントはできないので、どういうふうに皆さんに集まっていただくかというのは、ちょっとなかなか思い浮かばなかったんですけれども、父母会もこういうことを言っているということが出てきましたので、これはもう、私が会見すべきではないかなと感じて、このようなことに至ったということでご理解をいただければと思います。

Q.すいません。勇気を振り絞って会見を開いた選手、対応なども見て、もう少し早く学校として、学長として対応ができたのではないかというお考えはおありでしょうか?

【大塚吉兵衛学長】

話の冒頭にも申したとおり、部と部の文章のやり取りということに、任せてしまったというような、部長と監督への質問状みたいな形で、応対をしておりましたので、そちらでよろしくお願いしますという形で済ませてしまったという意味では、私も責任があるというふうに考えております。

【司会者】

ありがとうございました。次の方、お願いします。

活動休止中のアメフト部は、なるべく早く再開したい