<日大悪質タックル問題>大塚学長「お詫び」「お願い」会見全文③

日大トップ田中英壽理事長が出てくる可能性も?

Q.先ほど、今日は運動部の責任者としてこの会見に臨まれているというふうにおっしゃっていましたけども、どこまで大きな問題となって、学生の将来の不安などとも述べられていましたが、学校全体としての問題としても、世間としては見られているところですね。そんな中で、理事会とかで理事長が出て会見をしていくというような考えは一切持っていないんですか?

【大塚吉兵衛学長】

そこまで考えておりませんでした。この運動部としての、あるいは教育者としての我々がもうちょっとはっきりした態度を示せば、これからの対策になっていくんではないかなという風に考えている次第であります。

Q.今回、初めてメディアの前で、日本大学が答えるのは初めてだと思うんですけど、それが理事長ではなくて、責任者の学長で「いい」というふうな判断したんですか?

【大塚吉兵衛学長学長】

「いい」というか、責任者として私から答えるべきだろうというのが私の考え方です。

Q.田中(英壽)理事自体は、田中理事ご自身は何も言っていないですか?

【大塚吉兵衛学長】

いま、こういう会見を開きたいという形で私は申し込んで、やりますよという、法人として許可はいただいているという。

Q.あくまで田中理事ご自身から、これは記者会見するべきだというような声は出ていないということですね?

【大塚吉兵衛学長】

やるべきだというか、そうだねというところでございますので、そういう形で私が出るということでお認めをいただいていると、感じているということでございます。

【司会者】それでは次の方、お願いいたします。

内田前監督と会って、何を話した?