<日大悪質タックル問題>大塚学長「お詫び」「お願い」会見全文⑤

運動部の長として、大塚学長の責任問題は?

【司会者】それでは次の方にお願いしたいと思います。

Q.今回、学長さんが出て会見されているんですけれども、ガバナンスは一義的に理事会で決定すると思うんですけれども、学長と理事会と関係はどうなっているのか、教えていただけますでしょうか?

【大塚吉兵衛学長】

学長は一理事です。学長になったということで、理事として一番目の理事になっております。

Q.分かりました。さらに、理事の処分についてなんですけれども、一般的に理事の処分を行う場合はどのような手続きになっているのでしょうか?

【大塚吉兵衛学長】

理事の1人でありながら細かいルールについてはまだ、そういう裁定したことがないのでまだ申しかねますけれども、おそらく理事会審議なりなんなりしなきゃいけない。最終的に。そうですね。やっぱり人事の専門委員会、人事教育委員会というのがありますけれど、そういうところで審議結果を踏まえて、それが理事会に上程されて、それでの話になろうかと思います。

Q.すいません、先ほどの学生の運動部を統括しているお立場だとおっしゃっていたんですけれども、今回の件で学長ご自身としてなんらかの責任を取られることはお考えありますでしょうか?

【大塚吉兵衛学長】

解決したあとにそういう部分が出てくれば、それは考えなきゃいけないと思いますけれども、現時点ではいま、このことを解決するということと、危機管理、それから先ほど言っているようにコーチングだとか、そちらを急いで整備して、今後部活動でこういうことがないようにというのを決めることが真っ先の役目かなと、いま考えているところであります。

Q.分かりました。ありがとうございます。

【司会者】ありがとうございました。

2年前の日大アメフト部集団退部事件について