<日大悪質タックル問題>大塚学長「お詫び」「お願い」会見全文⑤

内田前監督に対し、大塚学長が指導するべきではなかったか?

【司会者】次の方に移りますけれども、まだご質問おありですね。はい、お願いします。

Q.先ほど来、学長は責任者というお立場を強調されていますけれども、本件に関して内田氏になんらかの指導をしたという事実はございますか?

【大塚吉兵衛学長】

直接は指導しておりません。どういう形になるかも結果をちょっといま、待っているという形でありますので、いま分かっていることは学生と齟齬があったということが事実としてここで会見されたり、当該学生が説明した内容とはちょっと一致しない部分があるということで、そういう現状は認識しておりますけれども、私が質問してどうのということではしておりません。

Q.会見を開く、開かないといったことも含めて、特に学長からの指示はなかったということですか?

【大塚吉兵衛学長】

はい。Q.それは内田氏に対して指示をできないような、そういった関係にあるということなんでしょうか?

【大塚吉兵衛学長】そういう風に書きたいんですかね。それとこれとはちょっと話が違うんではないかなと思うんですけど。だから、できないとかっていうことじゃなくて、なんですかね。Q.先ほど来、責任者というふうにおっしゃっていたと思うんですが、一般的な理解としては責任者の立場にある方が、ガバナンスを発揮して対応を指示するというのが一般的な責任者の在り方だと思うんですが、それをしなかった理由はなぜなのか。【大塚吉兵衛学長】

いや、そこをだからいま、そこも含めて組織をもうちょっと見直さないといけないなという。今までやはり部活動という形で、部活の中の問題として捉えてきてるというところでありますので、今度も競技の進行中に起きたことだということで、グラウンド内ということがありますと、そのあとの言葉はいろいろございますけれども、なかなか介入するのが難しいことかなっていう感じはおったというのが真実のところでございます。大変申し訳ないと思いますけど。

Q.関係として、内田氏に対して何か物申せないというような、そういった関係にあったわけではないということですか?【大塚吉兵衛学長】ないですね。私が長にいて統括している事務局の方の長が彼でありますので、そういう意味ではないです。

Q.分かりました。最後に1点だけ。本件の対応について、田中理事長とはなんらかの相談、協議をしているでしょうか?

【大塚吉兵衛学長】

話はしております。で、今日の会見も報告して、何時からという形でここに臨んでいるというところです。

Q.理事長からどのような指示がありましたか。

【大塚吉兵衛学長】

いや、別にそう指示はございません。話してください、ということで、そのまま話させていただいておるというのが今の現状でございます。

【司会者】はい、ありがとうございました。

内田前監督と大塚学長は「株式会社日本大学事業部」取締役