<日大悪質タックル問題>大塚学長「お詫び」「お願い」会見全文⑤

対照的だった、宮川泰介選手の会見と、前監督・コーチの会見について

【司会者】会見始まりましてから1時間半過ぎております。

【大塚吉兵衛学長】

いや、なんか、いままで出ないような、学生に対するということであれば、なんかあれですけど…。

【司会者】冒頭に私の方から申し上げさせていただきましたように、教学の長としての学長の会見ということで、ご質問の方を、それに沿ったようなご質問を頂戴できればありがたいと思います。それでは次の方、どうぞ。

Q.先ほど先日の会見のご感想、質問あったんですけれども、明確なお答えでなかったのであらためてお聞きしたいのですが、真実を語るという覚悟で望んでいる選手に対して、この間の会見ですけれども、監督とコーチの会見、非常に対照的だったと思うんですが、あらためて学長としてあの会見を見て、どう思いましたか?

【大塚吉兵衛学長】

学生はそれなりに真摯にっていうのは、見受けた感じではもう真摯に本当に答えていたと思っております。で、そうすると監督とコーチがまったくウソをついたのかという話になる面もあるのですが、これについて、だからいま私がコメントをすることは、ちょっと差し控えたいと。学生の答えというか、あそこの会見については確かに立派な答えをしているということは私も認めます。

Q.食い違いは別として、内田監督に対して選手がもうアメフトはできないということに対して、どう思うかという質問に対して、監督はなんだか人ごとのような印象にも取れるコメントをしていたのですけれども、そうは思われなかったでしょうか? あの内田監督の姿勢をご覧になって、いかが思ったのでしょうか?

【大塚吉兵衛学長】

あの時には相当、逆に内田監督の方も追い込まれていたのではないかなと思うので、あそこだけでなんとも、私のコメントはというのはちょっと、なんとも言いようがないところであります。

Q.学長としては選手がもうアメフトはできないという言葉、その言葉をどのように受け止めていらっしゃいますか?

【大塚吉兵衛学長】

なんですか? もう1回お願いします。

Q.もうアメフトはできないという言葉、その思いはどのように受け止めていらっしゃいますか?

【大塚吉兵衛学長】

ですから、なんからの精神的なダメージっていうか、そういうことをプレーで受けているのかなというところで、そういう意味では本当にかわいそうだなということが感じるところでございます。

Q.先日も監督とコーチの会見での司会者の方、先ほどもちょっと出ましたけれども、改めてお聞きしたいですが、一方的な打ち切りですとか、弁護士の名前をなかなか明かさないですとか、ご本人のお名前は明かさないという状態だったんですけれども、その対応というのは、あの方ご本人が決めた、個人の判断なのか、それとも学校として組織としての判断だったんでしょうか?

【大塚吉兵衛学長】

いや、組織背負っての判断かどうかは、すいません、私はそれについてコメントを求めたりなんかしたいので、大変、私がしなかったのが不始末であれば私の責任ですが、そのことは問い詰めておりません。

Q.学長としては、あの会見はあの方に全て任せた、ということなんですか?

【大塚吉兵衛学長】

あの会見はそういうふうに聞いておりますので、彼に任せたということになろうかと思います。

Q.あの対応、あらためてどう見ていらっしゃいますか?

【大塚吉兵衛学長】

ちょっと私から何を聞き出したいのか分かりませんけど、先ほど話したように、同じ局の番組の違いの方がどうも同じ質問をして、絵を撮りたがっていたというのに対して、ちょっと感情的になったというのは伺っております。

Q.ありがとうございます。

【司会者】ありがとうございました。

(以下、<日大悪質タックル問題>大塚学長「お詫び」「お願い」会見全文⑥に続く)

 

【話題の記事・六本木フラワー事件のターゲットはこの男!? 木村孔次朗容疑者が逮捕
【話題の記事・【SCOOP!】「六本木フラワー事件」主犯・見立容疑者の国外逃亡の足取りが判明!
【話題の記事・飛田新地の風俗嬢に堕ちた!? ANRIこと坂口杏里の行方を追う
【話題の記事・山口達也〝犯行の真相〟を捜査関係者が暴露
【話題の記事・【真相追及】殺人鬼に堕ちた夜回り組長…〝裏の顔〟を関係者が暴露
【話題の記事・未成年男子に乱交パーティーをさせて逮捕された男〝真の目的〟とは?
【話題の記事・CAを4日間陵辱…英国・野村ホールディングス関連会社元役員の男に懲役11年の実刑判決
【話題の記事・【続報】名古屋のネットカフェ刺殺事件 通り魔か?
【話題の記事・【ATM18億円引き出し事件】逮捕された首謀者の素顔が判明
【話題の記事・【偽造運転免許証問題】偽造業者が摘発されない理由とは?

 

(文◎四菱紘淳)