道にロープ張りバイク運転手に怪我をさせた男を殺人未遂で逮捕 川崎市

歩道橋の手すりにナイロン製のロープ結びつける

車やバイクが多く行き交う地方主要道路にロープを張り、そこに突っ込んだオートバイの運転手が転倒。首に怪我を負わせた男が逮捕された。神奈川県警川崎警察署に殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、川崎市川崎区新川通の無職・大城勝男容疑者(52)。

捜査関係者によると、大城勝男容疑者は27日午後7時半頃、川崎市川崎区東田町の主要地方道の歩道橋の手すりにナイロン製のロープ結びつけ、オートバイを運転していた千葉県船橋市の男性(29)の首に引っかけて、転倒させるなどしようとしたという。

(関連記事:きっかけは交通事故…謝罪に来た女性に性的暴行した男が逮捕

(関連記事:車で自転車男性を1.5㌔引きずる…殺人未遂容疑で男女を逮捕

(関連記事:睡眠障害で4年間に19回の事故を起こした男が危険運転致傷で逮捕

 

 

「車を止めたかった」と、殺意は否定