<日大悪質タックル問題>日大選手の声明文を全文掲載「責任は重い」

(宮川泰介選手が)「再びチームに戻って、一緒にプレーできれば…」

そして、いつか、私たち日本大学アメリカンフットボール部が、部の指導体制も含め生まれ変わったと皆様に認めていただいた時には、私たちが心から愛するアメリカンフットボールを他のチームの仲間たちとともにプレーできる機会を、お許しいただければ有難いと思っています。また、そのときには、もし可能であれば、私たちのチームメートにも再びチームに戻ってきてもらい、一緒にプレーできればと願っています。

私たち選手一同の今の思いは以上のとおりです。私たちは、今回の件の深い反省のもと、真剣に、謙虚に、一丸となってチーム改革を実行していく所存ですので、どうかご指導のほど、よろしくお願い致します。

平成30年5月29日

日本大学アメリカンフットボール部選手一同

(了)

(関連記事:<日大悪質タックル問題>日大アメフト部の部長らが緊急父母会で謝罪

(関連記事:<日大悪質タックル問題>全治3週間…被害選手の父親が会見)

(関連記事:<日大悪質タックル問題>関学大選手が被害届を提出、警察が捜査へ)

(◎文 四菱紘淳)