【全文公開】<日大悪質タックル問題>教職員組合が理事長の辞任要求

要求したのは、内田前監督の全ての職の解任など

日本大学と関西学院大学の間で行われたアメリカンフットボールの定期戦で、日大守備選手が関学大の選手に悪質なタックルをして怪我をさせた問題で、日大の教職員組合は5月31日の夕方、同大の田中英壽理事長に宛てた要求書を提出した。

要求書の中で教職員組合は、内田正人前監督(62)の常務理事など全ての職務解任などを求める4項目の要求した。

要求書では、「地に落ちた社会的信用を回復するには、抜本的な改革と再生を図るより他に道はない」として、以下の事項を求めている。

●内田前監督の常務理事や保健体育審議会事務局長など全ての職の解任

●アメフト部の部長・副部長並びコーチ陣を全員解任

●不公正な人事体制の改善、運動部監督と理事の兼任禁止、教職員による無記名直接選挙による学長選出、学長を大学の最高責任者とするなど組織の抜本的見直し

●内田常務理事だけでなく常務理事5人全員の解任、法人組織の最高責任者である田中理事長と教学の最高責任者である大塚学長の辞任

(関連記事:<日大悪質タックル問題>日大選手の声明文を全文掲載「責任は重い」

(関連記事:<日大悪質タックル問題>内田前監督・井上コーチ会見(前半)全文①

(関連記事:<日大悪質タックル問題>内田前監督・井上コーチ会見(後半)全文①

(関連記事:<日大悪質タックル問題>大塚学長「お詫び」「お願い」会見全文①

【次ページ】日本大学教職員組合が出した文書を公開