<日大悪質タックル問題>加害選手と示談 指示役には刑事罰求める

被害選手の父が明かした示談成立の経緯とは?

日本大学と関西学院大学の間で行われたアメリカンフットボールの定期戦で、日大守備選手が関学大の選手に悪質なタックルをして怪我をさせた問題で、けがをした関西学院大学の奥野選手の父親である奥野康俊さんが、加害選手との間に示談が成立したことを、自身のFacebookで明かした。

以下、当サイトでは奥野康俊さんがFacebookで明かした示談成立に関する文書全文を掲載する(以下、原文ママ)。

(関連記事:【全文公開】<日大悪質タックル問題>日大が第三者委員会設置

(関連記事:【全文公開】<日大悪質タックル問題>教職員組合が理事長の辞任要求

(関連記事:【速報】<日大悪質タックル問題>告訴状を受理 本格捜査へ

(関連記事:<日大悪質タックル問題>関学連がきっぱり「認識の乖離は存在しない」

(関連記事:<日大悪質タックル問題>「対応が遅かった」日大が就活生へ謝罪

(関連記事:<日大悪質タックル問題>内田前監督 井上前コーチに除名処分が決定

宮川選手の今後の人生を応援したい