〝紀州のドン・ファン怪死〟ついに死因が判明 覚醒剤の影響だった!

発表された死因「急性循環不全」とは?

これまでの人生で美女4000人にのべ30億円を貢いできたプレーボーイ伝説を持つ「紀州のドン・ファン」こと野崎幸助さん(享年77)が5月24日、自宅で急死していた件は、当サイトでもこれまで数回にわたってお伝えしてきた通りである。

その野崎幸助さんの遺体から多量の覚醒剤が検出され、和歌山県警は〝不審死事件〟とみて、野崎幸助さん妻でファッションモデル・Sさん(22)の東京都新宿区新宿の別宅マンションの一室を家宅捜索。さらに翌3日の午前からは、東京都港区にある野崎幸助さんの秘書兼家政婦の自宅も相次いで家宅捜索を行う事態となった。

(関連記事:【急逝】女性4000人に30億を貢いだ〝紀州のドン・ファン〟死因は?

(関連記事:〝紀州のドン・ファン〟殺害された可能性も…体内から多量の覚醒剤

(関連記事:〝紀州のドン・ファン〟は殺された? 警察が殺人容疑で捜査

(関連記事:【怪死】〝紀州のドン・ファン〟の裏の顔…悪質な営業手法が判明?

(関連記事:〝紀州のドン・ファン怪死〟55歳年下妻の別宅などの家宅捜索を開始

(関連記事:〝紀州のドン・ファン怪死〟相次ぐ異変と急死との関連は?

覚醒剤を注射器で摂取したような痕跡はナシ