【第4弾】関東連合関係者が沖縄で暴力団関係者と乱闘…目撃者が証言

 暴力団員と見られる人物らが凶器準備集合と傷害の疑いで逮捕

5月30日午前3時頃、那覇市松山の路上で、金属バットやスタンガンを使って暴行を加え、頭部や両腕の打撲などを負わせたとして、凶器準備集合と傷害の疑いで沖縄県警に逮捕されたのは、指定暴力団旭琉会二代目ナニワ一家の組員と目される42歳と33歳、30歳の男3人だという。

捜査関係者によると、被害に遭った男性は、別の暴力団関係者ら男女6人と飲食店を出た直後に襲われたようだ。また、男性と一緒にいた住所、職業不詳の男(38)も、牛刀1本を所持していたとして、現行犯逮捕されいるという。

たまたま付近を通りがかったことから事件を目撃した地元男性(30代)によると、事件直前、関東連合関係者らは女性を含む複数名で、那覇市松山のクラブに滞在し酒を飲んでいたという。その後、「店内での態度に問題があった」という理由から、指定暴力団旭琉会二代目ナニワ一家構成員の男らとトラブルに発展。今回の大騒動に至ったと目されている。

(関連記事:六本木フラワー事件のターゲットはこの男!? 木村孔次朗容疑者が逮捕

(関連記事:【SCOOP!】「六本木フラワー事件」主犯・見立容疑者の国外逃亡の足取りが判明!

(話題の記事:<大麻所持女子アナ逮捕>自宅で大麻を栽培していた?

(話題の記事:元タレントの山岸舞彩さんが交通事故 南青山の路上で

(話題の記事:女子アナの元夫で元プロテニス選手の男を2億円超詐欺容疑で逮捕

(文◎四菱紘淳)