日本の薬は「神薬」…処方薬を密売していた中国人ら9人が逮捕

胃のピロリ菌除去に使う薬などを販売目的で保管

処方箋が必要な医薬品を、中国人観光客らに販売する目的で保管したとして、中国人の男らが逮捕された。

胃のピロリ菌除去に使う処方薬を販売目的で無許可で保管していたとして、医薬品医療機器法違反(販売目的貯蔵)容疑で大阪府警に逮捕されたのは、中国籍で大阪市西成区の貿易会社「プロフェット」の社長で、大阪府堺市堺区中安井町の張金利容疑者(35)と、20歳から36歳の中国人留学生男女9人だ。

(関連記事:C型肝炎治療薬「偽ハーボニー」販売した男女を警視庁が逮捕

(関連記事:イギリス人男性が主張…ある「薬」のせいで性的嗜好が変わった?

(関連記事:【問題ルポ】外国人により危機に晒される日本の医療保険制度の実態

医薬品計約14万点を押収、背景には日本の医薬品人気が