原因は遺産相続トラブル? 福岡の歯科院長が刺され72歳叔父が逮捕

刺したのは歯科院長の実の叔父

福岡県久留米市で、歯科医院の男性院長(47)が、72歳の親族に刺されるという事件が発生した。

今月14日午前、歯科院長の男性を刺したとして、福岡県警に殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、大阪市西成区太子の職業不詳・三原隆昌容疑者(72)だ。

捜査関係者によると、刺された歯科院長は三原隆昌容疑者の甥で、2人の間には遺産相続を巡ってトラブルが発生していたという。事件現場となったのは、刺された歯科院長が務める、福岡県久留米市花畑にある歯科医院前駐車場だった。

(関連記事:<女性看護師「拉致」事件>犯行を主導?〝第3の男〟の行方とは…

(関連記事:【文春砲】NEWSメンバーに新たな「未成年飲酒問題」が浮上!

(関連記事:<新幹線・通り魔事件>犯行の詳細が徐々に判明…まず女性が狙われた

(関連記事:また通り魔? 朝のラッシュ時、東西線車内で男性が刺され負傷

(関連記事:<名古屋・通り魔殺人>犯行の動機は「些細な音も気になった」と供述

遺産相続を巡りどのような争いがあったのか?