観光客相手に夫婦で「白タク」行為…台湾出身の2人逮捕

空港と都心部などを通用より安い料金で往復

中国や台湾からの観光客を相手に、「白タク」をしていた台湾人夫婦が逮捕された。

「白タク」行為を行ったとして、道路運送違反容疑で警視庁に逮捕されたのは、台湾出身で無職の潘燕菁容疑者(49)と夫の陳耀南容疑者(58)。この夫婦は去年9月から今年4月まで、タクシーの営業許可を受けずに羽田空港から東京・新宿区内のホテル間などで10回にわたって客を乗せ、その対価として報酬を得ていたという。

潘燕菁容疑者らは、成田空港や羽田空港の到着ゲート周辺に立ち、来日した中国人旅行客などに中国語で記載した名刺を配り、通常のタクシーよりも安い料金を提示するなどして客を集めていたようだ。

(関連記事:タクシーをあおって運転手に暴行・脅迫した暴力団組員が逮捕

(関連記事:菊池桃子のストーカーと化した中年タクシー運転手の哀れな末路とは?

(関連記事:【売り上げ13万円】「白タク」行為で中国籍の男が逮捕

(関連記事:外国人ドライバーによる「白タク」行為が増殖中、その理由とは?

安くて利用しやすいと人気の「白タク」にどう対応?