【米国】母親と交際相手の虐待で10歳少年が死亡…殺された理由とは?

「息子がアパートの階段から落ちた」と通報、実際は…

アメリカに住む10歳の少年が、実の母親と、その交際相手による虐待を受け、死亡するという痛ましい事件が起きた。

米国カリフォルニア州ランカスターで、母親のヘザー・バロン被告(28)と、その交際相手カリーム・リーバ被告(32歳)から虐待を受けて死亡したのは、アンソニー・アバロスさん(10)だ。

ヘザー被告は当初、「息子がアパートの階段から落ちた」と〝911〟(米国の緊急通報番号)に通報したものの、その翌日、搬送先の病院でアンソニーさんは死亡。しかし、アンソニーさんの首には掻きむしられたような跡があったほか、体には複数の打撲痕や煙草の火を押し付けられた跡があることが発覚。これらのことから、警察はアンソニーさんが「虐待により殺害された可能性が高い」として、ヘザー被告とカリーム被告を殺人などの容疑で逮捕、その後起訴していた。

亡くなったアンソニーさん

その後の調べで、アンソニーさんへの虐待に関する通報は、彼が4歳だった2013年2月から始まり、2016年4月までの間に少なくとも12件あったということも発覚。こうしたことから、児童相談所は調査も行っており、その中には、性的虐待に関する通報もあったという。

LAタイムスによると、2013年には、アンソニーさんの親戚や学校関係者から、同居していなかった祖父や祖母がアンソニーさんへ性的虐待を行っているという内容の通報があったことも分かっている。

(関連記事:<目黒虐待死事件>5歳児を冬のベランダに放置…足には重度の霜焼け

(関連記事:<目黒虐待死事件>「おねがいゆるして」5歳児が残した最後のノート

(関連記事:【豪州発】養子の女児に性虐待・殺害した〝鬼畜過ぎる里親〟の末路

(関連記事:飼い犬の顔に〝粘着テープ〟…動物虐待の刑罰は軽すぎるのか?

(関連記事:フィギュアスケートの名伯楽が性的虐待で追放 教え子だったあの選手

食事は与えられず劣悪な環境の中で育った7人きょうだい