〝アソコ〟の薬物を見つけられ逮捕!最新の運び屋・持ち込み事情

太もも内にコカインを埋め込んでいたツワモノも…

しかし、体の〝穴〟にブツを隠し持つのは、何も女性だけではない。

過去に逮捕された容疑者たちの〝穴〟から押収されたブツの数々を振り返ってみよう。

インド人男性(46)からは300㌘もの金が、ワシントン州の男性(24)は1本のライターとゴルフボールサイズのタバコの葉、巻きタバコ用の巻紙が2パック、入れ墨用のインクのボトル1本、入れ墨用針が8本、2.5㎝のパイプ、マリファナ入りの小袋が。カリフォルニア州の男性(29)にはキョーセラの携帯電話、MP3プレーヤー、イヤフォン、マリファナ、タバコの葉、現金140㌦が入っていたらしいが、彼の〝穴〟に至っては出血を伴っていたと記載されている。エルサルバドル人男性からはなんと手榴弾1つが発見された。手榴弾を隠し持っていた理由は刑務所から脱出するためだったらしいが、爆発などを恐れなかったのだろうか。

また、違法なブツを隠す場所は、何も〝穴〟だけではない。プエルトリコからスペインに渡航したコロンビア人が足を引きずって歩く姿を不審に思った税関職員は、身体検査を行ったところ何も発見できなかったが、更なる検査でこの男性の太もも内に1パウンド(約450㌘)のコカインが隠されているのを発見。手術を受け、コカインを太腿内に隠し持っていたという。

このような違法なブツを摘発、押収するテレビ番組は、アメリカでも人気ドキュメンタリーとして放映されている。

日本でもそのような事例がごく稀に見受けられるが、命をかけて実行して割にあうのであろうか。
【話題の記事:【動画】関東連合関係者が沖縄で地元暴力団関係者と乱闘騒ぎか?
【話題の記事:【SCOOP!】「六本木フラワー事件」主犯・見立容疑者の国外逃亡の足取りが判明!
【話題の記事:【暴力組織過密地帯】大阪・ミナミ周辺で〝三つ巴の戦い〟勃発寸前?

(文◎美良美紀)