新大統領候補が「グレート・ジンバブエ」へ国名変更を宣言、結果は?

ジンバブエの名を捨てれば非難を避けられない?

「(名目上の)首都はハラレであり続ける。しかし、政府機能や公共事業については、国の中心地であるグウェルに移す」

事実上の首都の移転案はともかくとして、国名をジンバブエからグレート・ジンバブエに変えるというのは、一般的な感覚で言うとかなり奇妙なものに聞こえてしまう。もし、我々の国の政府が、「日本という国名を、これから来るべき栄光のために『すごい日本』に変える」と発表したら、反発が起きるのは避けられないだろう。冒頭で述べたスワジランドの国名変更の件は、エスワティニというのが現地語のスワジ語で「スワジ人の場所」を意味する単語であることから、意味のある変更だとも思えるが…。

30日に行われる大統領選は、現時点でチャミサ候補と現職の大統領であるエマーソン・ムナンガグワ候補の一騎打ちになると見られている。果たして、チャミサ候補はこの選挙に勝利して大統領になれるのか。そしてジンバブエは名実とともにグレート・ジンバブエへと変わることになるのか。今後に注目していきたい。

【話題の記事:【動画】関東連合関係者が沖縄で地元暴力団関係者と乱闘騒ぎか?
【話題の記事:【SCOOP!】「六本木フラワー事件」主犯・見立容疑者の国外逃亡の足取りが判明!
【話題の記事:飛田新地の風俗嬢に堕ちた!? ANRIこと坂口杏里の行方を追う
【話題の記事:【真相追及】殺人鬼に堕ちた夜回り組長…〝裏の顔〟を関係者が暴露
【話題の記事:<TOKIO山口事件>「本当にキスだけだった?」捜査関係者が暴露

(文◎コリス東条)