たこ焼き屋の驚くべき懐事情…1.3億円を脱税した女店主を告発

一昨年からの売り上げは約3億3000万円

大阪のソウルフードである「たこ焼き屋」が巨額の脱税をしていたと話題になっている。

告発されたのは、大阪城の天守閣付近にある売店「宮本茶屋」の経営者・宇都宮タツ子店主(72=大阪西成区)。一昨年からの売り上げ約3億3000万円を申告せず、約1億3000万円の脱税をしたとして、所得税法違反の疑いで大阪国税局から告発された。

現在、大阪はLCCの関西国際空港発着便が大幅に増えている影響で、観光客が年々増えている状況である。そのため、大阪市はインパウンド(訪日観光客)消費の拡大が続いており、大阪の食文化を手頃な価格で楽しめるたこ焼き屋などは、外国人観光客でどこも賑わっているという。

宇都宮タツ子店主の経営する宮本茶屋は、大阪城・天守閣近くで数十年前から営業を続けており、メインのたこ焼きは8個入りで600円。その他にも、お好み焼き、おでんやソフトクリームなど、バラエティーに富んだ軽食を出す店として人気があったという。

(話題の記事:<暴排条例違反>で逮捕された「関東連合」元メンバーが判明

(関連記事:驚愕「SNS税」が存在するウガンダの歪んだネット事情を暴く

(関連記事:フリマアプリの「メルカリ」が消費税約1億円の申告漏れ

(関連記事:【有名セレブ社長】約18億円を脱税した宝飾販売店の男らに有罪判決

ボロ儲けする、たこ焼き屋の裏事情を同業者が暴露