「六代目山口組」と「任侠山口組」が統合? 先走る噂の真相を検証

タイムリミット迫る中、2つの山口組で動きが…

当サイトではこれまで、何度かにわたって「3つの山口組」の動静をお伝えしてきた。それら組織の動きが昨今、さらに慌ただしくなっている。

2015年8月、国内最大の指定暴力団である山口組から神戸山口組が離脱した際、兵庫県公安委員会は翌16年4月に兵庫県公安委が指定暴力団と認定。さらにその翌17年4月、神戸山口組から一部組員が離脱して「任俠団体山口組(現・任侠山口組)」を立ち上げたことから、3つに分かれた山口組に対して世間では抗争の懸念が高まっていた。

その後、何度かの小競り合いが3つの山口組の中で行われたが、六代目山口組が「8月が出て行った人間を拾う期限」と通達。その最終的な刻限が迫る中、注目が集まると同時に、ここ数日の間でSNSや無料通信アプリ上でこれまで以上に多くの怪情報、怪文書の類が流れていたのだ。

(関連記事:「ヤクザなめてんのか」ミカジメ料恐喝? 六代目山口組系幹部が逮捕

(関連記事: 神戸山口組がTwitterを開始…その余波を大胆予測する

(関連記事:祭りでの仕事を強要か?六代目山口組直系団体の組長が逮捕

(関連記事:【暴力組織過密地帯】大阪・ミナミ周辺で〝三つ巴の戦い〟勃発寸前?

『任侠山口組が六代目山口組に復帰を決めた』との噂の確度は?