都内20カ所以上を荒し回った? 罰当たりなさい銭泥棒を現行犯逮捕

狙われたさい銭箱は周辺で20カ所以上…同一犯による犯行?

神社のさい銭箱から繰り返し現金を盗んでいたとみられる、なんとも「罰当たり」な男が現行犯逮捕された。

今月24日の深夜、警視庁小岩警察署に窃盗未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、無職の赤坂正喜容疑者(61)だ。

捜査関係者の話によると、東京都江戸川区周辺の神社では、さい銭箱が荒らされて、現金が盗まれる窃盗事件が多発していた。そのため、警視庁では周囲を警戒していたところ、江戸川区南小岩にある諏訪神社で、カッターのような特殊な道具でさい銭箱の南京錠を破壊し、現金を盗もうとしている赤坂正喜容疑者を発見。張り込んでいた警察官により現行犯逮捕したという。

(関連記事:国際的窃盗団「ピンクパンダ」のメンバー逮捕、宝飾品を盗んだ疑い
(関連記事:万引きがバレて逃走…止めに入った従業員をはねて逃げた老女が逮捕
(関連記事:<逃走45日目>富田林脱走…元刑事が指摘、樋田容疑者は東京に出没!?
(関連記事:「闇の半蔵」と呼ばれた老窃盗犯を逮捕 都内全域150件に被害
(関連記事:【芸能・不祥事】お笑いコンビ「トップリード」新妻が住居侵入で逮捕

生活費に困った上での犯行か…?