<芸人激白>”闇営業”を誘発する賃金問題とは

若手芸人を支えていた“直営業”の斡旋者

芸能事務所と芸人の契約の形態は様々な形があるが、歩合制であれはギャラが実質0円というのはもはや仕事とは呼べないのではないだろうか。闇営業を誘発させて入るのは、事務所側にも問題があるように思える。芸人の営業仕事の中でも特に〝おいしい〟といわれるのがパチンコ営業だ。

「1回の出演で数十万のギャラが発生する、地方のパチンコ店の営業は代表的な直の営業ですね。事務所を通していないケースも多く、プロモーターとの折半になるので実入りが多い。今はSNSなどでバレることもありますが、あまり派手にやりすぎなければ黙認されることがほとんどですね。ただし、事務所からきた仕事を蹴って営業に行った場合は、ギャラ没収などそれなりのペナルティが課せられますが」(芸人Z)

当然芸人が自らの力だけ営業を掛けてこのような仕事を取ることは、現実的ではない。
そうした中で活用されていたのが、今回吉本興業を解雇された“カラテカ”の入江慎也さんが築き上げていた通称”入江コネクション“などなのだという。

入江さん以外にも、元芸人や地方の有力者など経営する「直の営業の仲介」専門のエージェント会社が存在している。こうした仲介者が芸人の生活を助けていたのは事実だと前出の芸人Zは主張する。

「入江さんの人脈は本当に凄いんです。歌手の八代亜紀さんとか横綱の白鵬関なども普通に飲んでいるんです。一生の中で知り合うことが絶対に無いような有名人や著名人と多くの交友をもっているのです。その位人脈を大切にしているから、様々な世界の人が頼ってくるし、芸人と実業家を結ぶハブ的な存在にもなっているのです。これは、事務所に中抜きされて安いギャラしかもらえていない芸人にとっては、ありがたい存在です。高級な飲み屋をご馳走してもらえたり、小遣いを貰えたり、本業を超えるギャランティをもらえるんですから」