<芸人激白>”闇営業”を誘発する賃金問題とは

「僕たちは適正な給料がほしいだけ」(現役お笑い芸人)

そもそも、吉本興行が企業としてキチンと芸人の生活や人生を考え、人気に見合った適切な報酬を支払っていれば、今回のような問題は起こらなかったであろう。人気芸人の加藤浩次ですら、自身がMCを務める『スッキリ』(日本テレビ)6月28日放送で「契約っていうのがないですからね」と、吉本興業には所属タレントとの契約書が存在しないということを明らかにしている。

最後にこの芸人Zから後日、筆者に届いたLINEを皆様にお伝えしたい。

ーーー
吉本のせいでみんな生活苦です。
芸人を助けて下さい。
普通にイベントや営業を行って、お給料貰えたらいいんです。
毎月チケットノルマ3万あって、お客さんに売ってもバックなし、死んじゃいます

(原文ママ)

ーーー

芸人は芸を披露して、客に笑ってもらってお金をもらうことが仕事である。
その笑いを壊しているのは一体誰なのであろうか。

<文大森明>