なぜ今? Abema Primeで指定暴力団「東組」特集を放映へ

「喧嘩の東組」の現在

(実話時代2019年9月号※最終号)

実話時代の最終号に木村雄治氏が連載するコラムの中に、ライターの花田庚彦氏と本を作っているという記述があったので、花田庚彦氏に取材を申し込んだ。

「木村雄治氏は私も懇意にして頂いている方で、人物などは連載されていた実話時代のコラムを見た方が人柄は伝わってくるでしょう。私などが語れる方でなく、私はその任ではありません。ただ間違いなく言えるのは皆さんが思っている今までのヤクザ象を想像していたら、それは間違いでしょう。人間味もありますし、スケールの大きい方です。それは木村雄治氏だけでなく、東清総長、二代目の滝本博司組長、川口和秀副組長の教えを受け継いでいる東組の執行部、それ以外の幹部の方も同様です。本の事は私の立場では出るとも出ないとも言えません。そこはお察し下さい」

とコメントを寄せた。

どのような放映になるか分からないが、反社会的勢力を取り上げるのには何か意味がありそうだ。

8月13日(火)Abema Primeで21時からの放送であるという。

(人気記事:【真相追及】殺人鬼に堕ちた夜回り組長…〝裏の顔〟を関係者が暴露とは

(関連記事:【暴力組織過密地帯】大阪・ミナミ周辺で〝三つ巴の戦い〟勃発寸前?

(関連記事:【暴力団組員が14年連続減少】それでもなぜヤクザを続けるのか?

(関連記事:勤務先の病院から<覚醒剤>用に注射器を盗んだ看護師が逮捕

(関連記事:【ルポ】西成・覚醒剤事情最前線…ますます水面下に潜る売買の現実

<文 真海和久>