知的障害のある女性にわいせつな行為で逮捕

知的障害のある女性に家に連れ込む

知的障害のある女性を家に連れ込みわいせつな行為をした疑いで男が逮捕された。

6日、警視庁成城警察署に逮捕されたのは、東京都世田谷区・土木作業員、神山秀和容疑者(46)だ。

捜査関係者の話によると、神山秀和容疑者は去年11月頃に、この女性に対して声を掛けて、一方的に行為を抱き、複数回にわたって、待ち伏せしたりするなどをして今回の事件に発展したという。

数度の接触で、被害者に知的障害のあることを知った神山秀和容疑者は「俺の家に行こう」と強引に声をかけて、今年7月に家に連れ込み体を触るなどのわいせつな行為をした疑いが持たれているという。

調べに対して、神山秀和容疑者は容疑を認め「気持ちが抑えられなくなった。知的障害のある子なら家に連れて行けると思った」等、供述をしているという。

ネットでは、神山秀和容疑者に対し、”非道な男はずっと閉じ込めておけ””守らなくてはいけない人に酷い”等、非難の声が多く投稿されている。

<文 安藤よしみ>

(話題の記事:16歳少女に10回以上わいせつ行為…おはやし教室講師の男が逮捕

(話題の記事:<未成年わいせつ動画>をネットにアップした元公立高校教諭が逮捕

(関連の記事:【痴漢列車】〝裏淫語〟飛び交うJR埼京線に乗っては行けない理由

(関連の記事:【真相追及】殺人鬼に堕ちた夜回り組長…〝裏の顔〟を関係者が暴露

(関連の記事:<盗撮先生>男女の排尿姿を盗撮した高校教諭が逮捕される