<強盗>住吉会系暴力団組員が逮捕

たまたま通りかかった男性に

上野公園で人夫出し(建設業や土建業に仕事を斡旋すること)の仕事を生業としている住吉会系組員が逮捕された。

8日までに、警視庁上野警察署に強盗の疑いで逮捕されたのは、指定暴力団住吉会系組員・住所不定、高瀬祐容疑者(38)だ。

捜査関係者の話によると、高瀬祐容疑者は、先月13日夜に、東京都台東区・上野公園で一緒にいた男らと共謀して、その場を通りかかった被害者男性を押し倒し、現金6000円と時価500円相当のカードケースを強盗した疑いが持たれているという。

高瀬祐容疑者は当時、知人らと上野公園で酒を飲んでいて、通りかかった被害者男性に仕事を斡旋しようとしたが、断られて暴行に及んだという。

被害者の男性が近くの交番に通報し、付近の防犯カメラの映像などから高瀬祐容疑者らを特定した。

調べに対して、高瀬祐容疑者は「通りかかっただけだ」等、容疑を否認している、

<文 安藤よしみ>

 

(話題の記事:西成・覚醒剤事情最前線…ますます水面下に潜る売買の現実

(話題の記事:【速報】四代目関谷組組長、木村雄治組長が覚醒剤密輸で逮捕

(関連の記事:【痴漢列車】〝裏淫語〟飛び交うJR埼京線に乗っては行けない理由

(関連の記事:【真相追及】殺人鬼に堕ちた夜回り組長…〝裏の顔〟を関係者が暴露

(関連の記事:<盗撮先生>男女の排尿姿を盗撮した高校教諭が逮捕される