<台風直撃>波浪警報の出ていた海で波乗りしていた男性が死亡

台風の最中波乗りに

関東で観測史上最強の台風が訪れる中サーフィン中の男性が死亡した。

8日昼頃に、神奈川県平塚市の海岸の沖合100メートル先に、台風で高い波を求めて波乗りに来ていた、住所・職業ともに不詳、中津川和宏さん(62)が浮いているのを、近くの男性が発見。

中津川和宏さんは救助されたが、救急搬送された病院で死亡が確認された。

死亡した中津川和宏さんは、台風で高い波を求めて台風15号で波浪警報の出ていた最中に波乗りに来ていた。

8日は、静岡県でも波乗りに来ていた男女8名が強い波で沖に流され救助されたが、4人は自力で戻ったが、3人が静岡県の防災ヘリに、1人は消防に救助された。

1978年公開のアメリカ映画”ビッグウェンスデー”は、反戦・青春映画であり、水曜日にやってくる”大波”に乗ろうと若者が伝説を作った名作である。

果たしてその映画を観て伝説を作ろうとしたのか、今では謎だが、被害者のご冥福をお祈りしたい。

<文 本橋正明>

(話題の記事:西成・覚醒剤事情最前線…ますます水面下に潜る売買の現実

(話題の記事:【速報】四代目関谷組組長、木村雄治組長が覚醒剤密輸で逮捕

(関連の記事:【痴漢列車】〝裏淫語〟飛び交うJR埼京線に乗っては行けない理由

(関連の記事:【真相追及】殺人鬼に堕ちた夜回り組長…〝裏の顔〟を関係者が暴露

(関連の記事:<盗撮先生>男女の排尿姿を盗撮した高校教諭が逮捕される