<速報>N国・立花孝志党首脅迫容疑で事情聴取

舌戦に終止符か

NHKから国民を守る党・立花孝志党首が脅迫容疑で警視庁に事情聴取を受けたことを共同通信が報じた。

前回の統一地方選挙で、N国から立候補・当選した二瓶文徳・東京都中央区区議会議員が
当選後、N国から離党したことなとなどから、N国は同氏を除名処分としていた。だが、その後も、N国の立花孝志党首は自身の持つ”YouTube”チャンネルで繰り返し、二瓶文徳中央区議に関する内容の動画を公開していた。

二瓶文徳中央区議は警視庁に被害届を提出。これを受け、警視庁捜査一課が捜査を開始、9日、N国の立花孝志党首を月島警察署で任意で呼び、事情聴取行ったという。

その後、N国の立花孝志党首は記者団の取材も応じた。

現場で取材に当たった全国紙記者によると、N国の立花孝志党首は、「二瓶区議会議員は一切の断りもなくN国を離党したと聞いています。その行為は当選するために、N国を利用したのか」など、憤った様子で話していたという。

最後はプロレスラーが乱入し、試合参戦を要求するなどのハプニングもあった。

果たして今後の捜査はどのように展開していくのであろうか。

<文 Real News On-line! 編集部>

 

関連記事◎立花代表のMX突撃に関係者の反応は?