金はあるが……石川県に万引き老人あらわる

3万円以上の金銭を持っていたのに

万引き家族ならぬ、万引き老人の登場か。
品物を買う金額を所持していたにも関わらず、食料品を万引きした老人が逮捕された。
14日、石川県警輪島警察署に窃盗の疑いで逮捕されたのは、石川県輪島市二ツ屋町・無職・東山政明容疑者(81)だ。
捜査関係者の話によると、東山政明容疑者は現金3万円以上所持していたにも関わらず、輪島市内のスーパーで食料品など、約3000円相当の万引きをした疑いがもたれているという。
調べに対して、東山政明容疑者は「金を払い忘れただけ」と容疑を否認しているという。
<文 安藤よしみ>