動機は「人生に疲れた」から? 漫画喫茶に放火した男が逮捕

新宿区内の漫画喫茶に放火。ケガ人は無し

東京・新宿の漫画喫茶に放火した男が逮捕された。

警視庁新宿警察署に逮捕されたのは、千葉県市川市・無職、原子真一容疑者(41)だ。

捜査関係者の話によると、原子真一容疑者は16日の午前11時ごろに、新宿区内の漫画喫茶に入店し、地下にある個室タイプの部屋で雑誌やトイレットペーパーなどに火を付けた放火の疑いが持たれているという。

原子真一容疑者は放火後、店外へ出て逃走を図ったが、約1時間後近くにある交番へ出頭した。

事件当時店内には客や従業員など10人ほどが、適切な誘導で避難して怪我人が出ていない。

調べに対して、原子真一容疑者は容疑を認めていて「火を付けるか、人を刺すか悩んだ。人生に疲れた」などと供述をしている。

身勝手な動機による犯行は決して許されることはないだろう。

<文 新海和久>

 

(話題の記事:西成・覚醒剤事情最前線…ますます水面下に潜る売買の現実

(話題の記事:【速報】四代目関谷組組長、木村雄治組長が覚醒剤密輸で逮捕

(関連の記事:【痴漢列車】〝裏淫語〟飛び交うJR埼京線に乗っては行けない理由

(関連の記事:【真相追及】殺人鬼に堕ちた夜回り組長…〝裏の顔〟を関係者が暴露

(関連の記事:<盗撮先生>男女の排尿姿を盗撮した高校教諭が逮捕される