<速報>さいたま市の児童殺害・父親に逮捕状請求

犯人は身内だった

18日、埼玉県さいたま市見沼区のマンション敷地内で、進藤遼佑くんが遺体で発見された事件が動いた。母親の再婚相手で同居する父親(32)に死体遺棄の疑いで逮捕状が請求された。

捜査関係者の話によると、遼佑くんの母親が勤務を終えて帰宅後、塾に行って帰らない進藤遼佑君を疑問に思い、父親に尋ねたところ「英会話塾に行くのを見送った」と答えた。しかし一向に戻ってこないため、20時20分頃「英語塾に行った息子が帰らない」と110番通報。

届けを受けた警察が捜査をしたところ、マンションの敷地内にあるガスメーターボックス内で遺体を発見。所轄の埼玉県警大宮東警察署に捜査本部を置き捜査を進めていた。

18、19日と連日にわたって取り調べを受けていた父親が事件に関与する供述をしたことから逮捕状が請求されたという。

<文 Real News On-line! 編集部>