Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Clean Science and Technologyによるサブスクリプション用の1,400ルピーの新規株式公開は、7月7日に開始されます。

レッドヘリングの見通し草案によると、IPOは完全に既存のプロモーターや他の株主による売り出し(OFS)です。

同社のプロモーターによる主要株式の売却には、Ashok Ramnarayan Boob( R223クローレ)、クリシュナクマールラムナラヤンブーブ( R84クローレ)、Siddhartha Ashok Sekkei( R37ロール)とParth Ashok Maheshwari( R70クローレ)。 当社は、オファリングからの収益を受け取ることはありません。

Clean Science Technologyは、パフォーマンスケミカル、医薬品中間体、消耗品ケミカルなどの機能的に特化したケミカルを製造しています。

プネを拠点とする同社のクライアントには、インドの製造業者と販売業者、および中国、ヨーロッパ、米国、台湾、韓国、日本などの他の国際市場が含まれます。 同社の収益のほぼ3分の2は輸出によるものです。

同社は、主要な特殊化学製品、多様な顧客、およびCOVID-19パンデミックの影響を制限するコア製造業界での製品の主な用途において、確立された市場での地位と支配的な存在でよく知られています。

アクシスキャピタル、JMファイナンシャル、コタックマヒンドラキャピタルがこの問題の主幹事であり、同社の株式はNSEおよびBSE証券取引所に上場されます。

12月までの9か月間、同社は Rに対して145ロール R昨年の同時期に107ルピーが記録されました。

への参加 ミントニュースレター

* 利用可能なメールアドレスを入力してください

* ニュースレターをご購読いただきありがとうございます。

ストーリーをお見逃しなく! Mintとの接続と情報を常に入手してください。 今すぐアプリをダウンロードしてください!

READ  フルファイナルファンタジーXIV:エンドウォーカーの映画の予告編が公開されました。これにはメインストーリーへの影響が含まれています