Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

COVID-19の休憩の後、日本への贅沢な旅行が北海道に戻る

函館市-コロナウイルス感染により1年以上湾岸で立ち往生した後、5月に北海道北部の豪華クルーズ船が大いに期待されています。

飛鳥IIは、11月2日から5月2日に箱戸港に着陸すると、北海道で初めての高級ライナーとなります。 旅行制限によって大きな打撃を受けた地元の観光主導のビジネスは、すでに興奮しているように聞こえます。

「クルーズ旅行者は大買い物客なので、これ以上嬉しいことはありません」と函館の有名な朝食市場を監督する生協の代表者は語った。 市内で最も人気のある観光名所の1つである市場には、何百もの屋台や土産物店があります。

クルーズ船は、島の小さな小売業者、観光地、輸送業者の顧客を探して、北海道経済の主要な推進力でした。 釧路市と釧路総合経済大学の計算によると、2018年度は北海道釧路港で3億2000万円(9,290万円)の経済刺激を受けたのは18隻だけでした。

大型のライナーは、一度に1,000人以上のお客様をお連れできるため、特に好評を博しております。

しかし、昨年の流行の始まりに、日本と世界中の船がコロナウイルスの繁殖地になりました。 プリンセスクルーズが運航するダイヤモンドプリンセスは、横浜のビーチで数週間隔離され、何千人もの乗客と乗組員で有名になりました。

その後、日本は4月にすべての旅行を停止し、11月にのみ国内旅行を開始しました。 2020年までに海外や日本国内から北海道に到着する船はありませんでした。

旅行者は日本丸でビンゴをします。 クルーズオペレーターは、船の社会的距離を維持するために努力しています。

国際船はいつでも帰国する見込みはありませんが、北海道は日本の海運会社にとって重要な目的地として浮上しています。 飛鳥IIは、計画されている60回以上の旅行のうち15回で北海道に旅行する予定です。

商船三井の日本丸は、5月に登別市、8月に函館に停泊する予定です。 日本のクルーズラインからの非常しふぃっくは、5月と6月の日本横断航海の一環として、函館、釧路、白井に停泊します。

北海道クルーズ船アップグレード協会によると、2019年には北海道16港に合計130隻が到着しました。 函館は47か所で最も人気があり、オタルが29、クシュロが15と続きます。

これらの都市は、船が戻ってくるにつれて、経済刺激策として特に有望です。 しかし、ダイアモンドプリンセス船にあるものと同様のコロナウイルスクラスターが彼らの計画を導いている可能性があり、彼らは彼らが彼らの港で爆発するのを防ぐためにあらゆる措置を講じています。

函館は先月、港でのクルーズ船の受け入れに関する合同委員会を立ち上げた。 これには、保健局、消防士、警察の代表者が含まれます。

評議会は、病気や影響を受けた乗客の即時連絡など、ホグワーツ港での輸送の条件、および費用の救済を含む大規模なCOVID-19症例を処理するためのプロトコルを確立しました。

函館港の改修工事は昨年6月も継続。 (写真提供:井戸正光)

函館で急激な噴火があった場合は、船が来ないようにお願いするかもしれません。 クルーズ船の到着予定時刻と出発予定時刻はオンラインで表示され、一般の人々に情報を提供し、改善への対応を促します。

8月から23隻のクルーズ船上陸を目指しているオタルは、同様の合同チームを結成する予定です。 釧路は既存の港湾保安委員会にその役割を引き継ぐ。

飛鳥IIを運航するNYKクルーズは、乗客に搭乗する前にCOVID-19のPCR検査をスクリーニングする必要があります。 航海中に誰かが病気になった場合、乗船している全員がコロナウイルスの検査を受けます。

内部テストが陽性の結果であることが判明した場合、航海は停止され、船は戻ります。 飛鳥IIは、船内および港湾での疾病予防を優先するためにできる限りのことをしていると考えられています。

流行が収まると、ハゴタテ港とオタル港は着信トラフィックの回復を期待しています。 両市は、艦隊の規模を拡大し、大型船を収容できる旅客ターミナルを建設することを期待しています。

日本郵船は来年、飛鳥IIの海外旅行を計画しています。 同社はまた、感染管理対策が改善された船舶を建造する予定です。 北海道の港については、今後数ヶ月で、COVID時代の観光が今後数年間でどれほど成功するかについてのシラバスをリストアップする準備ができています。

READ  日本は福島のタンクの水放出のためにIAEAの支援を求めている