Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

COVID-19 Japan Eyeは、緊急事態が終了した場合、観客の上限を10,000に減らします

日本は7月と8月のイベントに1万人の観客または会場の収容人数の最大50%を許可する計画を進める計画であり、政府筋は火曜日に現在の緊急およびその他のCOVID-19対策は廃止されるべきであると述べた7月と8月。

政府は木曜日にコロナウイルス対策本部会議を開催しており、首都や大阪など一部の緊急事態はあるものの、日曜日の予定通り非常事態宣言を10県に引き上げる予定である。

緊急時には、スポーツゲームやコンサートなどのイベントに5,000人が参加できるようになります。

アスリート向けのオリンピックテストイベントは、2021年5月9日に東京の空いている国立競技場で開催され、コロナウイルス感染のため観客は入場できません。 (京都)==京都

非常事態宣言やその他のCOVID-19対策が撤廃された後、政府は当初、今月末までに最大5,000人、つまり1か所の収容人数の50%を大規模なイベントに参加させることを計画していました。

首都の国立競技場は、68,000人収容の東京オリンピックの開会式の会場で、34,000人の観客が入場できます。

政府関係者がこのような大勢の観客に懸念を表明した後、観客数を10,000人に増やすという提案が変更されました。

菅義偉首相は、オリンピックの観客に対する政府の規制により、主要なイベントへの参加者の数は制限されると述べた。

しかし、水曜日の小委員会での議論の後、多くの健康専門家が観客とゲームをすることを勧めたため、詳細は変更される可能性があります。

政府は同日、関係大臣と協議し、方向性を決定する。

READ  日本では、適時ワクチン接種が不確実な囚人